ガラス工場の歴史

私たちのガラス工場は、1861年にウィーンの実業家ヨーゼフシュライバーによって設立されたヨセフォドルガラス工場の高品質なガラス製造の伝統の継承です。工場はSの魅力的な谷にありますáSvの町の近くのザフカ川ětlá nad Sáボヘミアンとモラヴィアの高地にあるザヴォー。

それにもかかわらず、ボヘミアのガラス生産の伝統はずっと早く始まりました。 チェコのガラス細工は17世紀後半に驚異的な成長を遂げました チェコのガラスがベネチアで作られた製品と競争するためにその絶え間ない圧力を始めたとき。チェコのクリスタルが最終的に勝つまで、競争はほぼ2世紀にわたって続きましたが、その大部分は、職人による研削、彫刻、切断、塗装によるものでした。 1740年までに、ボヘミアには70以上のガラス工場がありました 完成品の切断と精製を行う多くの施設とともに。

17世紀

Svで歴史的に最も古い文書化されたガラス工場ětlá ホグロバのガラス工場は、1700〜1712年頃に設立され、後にDobrという名前で知られ、有名になりました。á ヴォーダ(グッテンブルン)。ヨセフォドルの森にある現在の会社からわずか4kmの場所にありました。ガラス細工は、高貴な地所に領主またはガラス職人によって建てられました。そこでは、森が窯を加熱するのに十分な木材を提供し、石灰岩に石英の供給源が見つかりました。これらのガラス細工のほとんどは、地元の木材やカリの供給を使い果たしてしまうため、寿命が比較的短かった。その結果、ガラス職人とその家族は、必要な原材料が豊富にある他の地域に新しく設立されたガラス工場に移動することになります。

18世紀

Loukovskの製品á ロフレ地方のメレコフ山腹にまだあるガラス工場は、非常に高い品質で知られていました。 19世紀半ば、ガラスの巨匠フラティの指導の下でšekゲルハルト、ルーコフグラスはウィーンでシュライバーの店で販売されていました(Josef Schreiber Sr.(04.13.1819 Dub nad Moravou – 14.08.1879 Baden))。

シュライバーのneヨーゼフ(03.08.1835ダブナドモラヴォウ– 11.17.1902ベルクé Losiny)は、いくつかのガラス工場からガラスを購入するために出張でボヘミアに頻繁に旅行しました。ボヘミアでは彼はしばしばSvを訪問しましたětlá そしてロハル、ゲルハルトからガラスを買います。彼はゲルハルトの美しい娘テレザ(08.10.1842 Palč氷– 12.30.1932ラポットn)彼は後で結婚しました。 1861年、シュライバーは貴族から破産した製紙工場を購入しました。 Š彼がガラス切断の場所になるために再建したtencl。このガラス工場も1882年にガラスを溶かし始めました。これはシュライバーが設立した最初のガラス工場であり、 Josefsthal」– Josefodol。シュライバーは主にそこで切断用のガラスを生産していましたが、照明用ガラス、オパリン、ケース入りガラスなど、他の種類のガラスも製造されていました。

JosefとTerezaには7人の子供がいました。娘の一人であるアントニー・シュライバーは、フランツ・ヴェルツ(08.13.1850 -11.16.1924)と結婚し、その家族はドブルで最も古いガラス工場の1つを所有していました。á 300年以上前に設立されたVoda。フランツ・ヴェルツは、ポルブン村のガラス工場のオーナーであるヨーゼフ・リードルの孫でした。á (ポラン)デズンá イゼラ山脈で。 Josefodolガラス工場の歴史は、NachtmannやSpiegelauなどのブランドのガラスメーカーとして世界的に知られているRiedelガラス工場に直接関係しています。

最も効率的な時間

1880年、ヨーゼフ・シュライバーの先輩がシュライバーとネフェン(翻訳:シュライバーとNe)を設立しました。 1882年、シュライバーは約2000人の労働者と約100人の管理職を雇用しました。会社のカタログには、15000サイズの約3000の形状が含まれていました。シュライバーが亡くなったとき、彼は13のガラス工場を操業していました。彼のガラス細工を開発するために、彼はSvから彼の専門家を配布しましたětlá どこにでも、そして彼らの子孫は今日までそこに残っています。

1870年、シュライバーはアメリカのセントルイスで開催された展覧会に参加し、そこで「パンタグラフ」と呼ばれる新しい機械を見ました。彼はそれを買ってボヘミアに移し、そこでさらに20個を作りました。そのように、彼はパンタグラフ脚付きグラスを作るヨーロッパで唯一のガラス生産者になりました。

また、セントルイスで彼は最初のプレス機を購入しました。再び彼はさらにいくつかを作り、ヨーロッパで最初にプレスされたガラスを生産しました。オーストリア-ハンガリーへの1回の販売を除き、製品はホセフォドルからアメリカ、イギリス、ドイツ、オランダ、イタリア、ルーマニア、セルビア、ロシア、トルコ、インドに輸出されました。

シュライバーとネフェンの名声は、オーストリアとハンガリーの君主制と第一次世界大戦の運命に関連しています。オーストリア-ハンガリーの崩壊は、市場の損失とシュライバー&ネフェンの減少を引き起こしました。 1918年10月28日にチェコスロバキアの独立宣言を行った後、ホセフォドルのガラス工場が有名になりました。

19世紀

また、世界的に有名なエンジニアのカレル・バもここで言及する必要がありますčík、として知られている チャールズ・バティック アイルランドのウォーターフォードクリスタルガラス工場の創設者です。チャールズ・バシクは、第二次世界大戦前に会社の社長としてホセフォドルのガラス工場で働いていました。 1937年12月15日、ホセフォドルのガラス工場は終了し、最終的に清算されました。兄弟たち Čeněkとフランティšパブロフのekが会社を買収しました。 Josefodol工場にはFrantiも属していましたšコドル、タシツェ、パブロフ。 Charles Bacikは清算で会社を買収しました。新しいガラス工場の会社が設立され、切断工場のシーザー兄弟と切断工場のホセフォドルが設立されました。第二次世界大戦の終結後、ガラス製品は没収され、シーザー兄弟とチャールズ・バティックから国有化されました。

チャールズ・バティックはアイルランドに向かい、そこでウォーターフォード・クリスタルのガラス工場を作りました。ジョセフォドルとSvの他のガラス工場での彼の経験ětlá そして彼のチェコのガラスデザイナー、ミロスラフ・ハヴェルはSvで彼のために働いたětlá、彼はこの試みで大いに役立ちました。ワールドフォードのガラス工場の世界的に有名なリズモアのデザインは、ミロスラフ・ハヴェルによって設計されました。

20世紀

会社がボヘミア州によって国有化された後、1994年に再び民営化されました。最近まで、私たちは商品の範囲とパターンを絶えず改善しています。私たちの顧客は基本的に世界中から来ており、クリスタルとテクノロジーに関する豊富な経験のおかげで、生産につながります。 お客様のご要望に応じてご注文を承ります。

伝統と今日の世界の要求を組み合わせて、当社はその商標で長持ちする価値のあるユニークな製品を製造しています。私達、 GULET CRYSTAL、 ボヘミアンクリスタルの品質を反映した製品を幅広く提供することにより、クライアントの要望や要望に応えます。

クリスタル花瓶ハーレクイン
ビッグセール
2021年5月まで
10% - 40%

私たちのクリスタルでオフ

「在庫がなくなり次第終了です。急いでください!!!」

jaJA